イボの原因

イボができる原因は何?イボの種類についても解説!

首などに、小さい腫瘍のようなモノができることがあります。それは、イボと呼ばれているモノが多いです。

 

特に、目立つ部位として首にできているのを発見することが多いです。そしてそのいぼを発見した時、がっかりしてしまいますね。

 

そのイボができる原因としては、若い時にできる顔のいぼは顔にウィルスが侵入してできてしまうのです。そのイボの場合は、青年性扁平疣贅といいます。

 

また老人性疣贅と言われている、年を取った時にできる顔のイボがあります。そのイボの原因としては、年を取ったことにより皮膚が老化してできるのです。

 

そのことから、顔にできるいぼは、若い時と年を取った時ではそのするいが違います。そして首にできるいぼは、紫外線に寄りものと、老人性によるものがあります。

 

皮膚が老化してできることが多くなるのです。その他に指や腕などに出来るイボもあります。

 

その場合は、ウィルスによってできることもあり、病院を受診することが必要な場合もあります。イボの種類としては、老人性のものと、ウィルス性のものと2つに分けることができます。

 

そのため、そのイボの種類によって、薬や市販薬を選択することが必要となりますね。自分のイボを見て、どんな感じかよく観察をしてみましょう。